名刺のコストダウンを目指すなら業者へ依頼|制作で気をつけること

紙袋のデザインのセンス

黒い紙袋

店のオリジナル紙袋が欲しいがために、何度も買い物に訪れる人もいるので、デザインは洗練されている方が結果として売上の向上につながります。個人で店を経営している場合には、オリジナル紙袋があることは、業績が安定しているという印象を顧客に与えることもできます。

詳しく見る

こだわりのデザイン紙袋

インク

オリジナル紙袋は見た目を個性的にするだけでなく、仕様にこだわる事で理想の紙袋を実現する事ができます。重い荷物を入れる場合は素材を見直し加工を施す事で、紙全体の強度がアップし、耐久性を上げる事ができます。

詳しく見る

拘りの紙袋を製作する

サイズ違いの紙袋

工夫をしてイメージ作り

オリジナル紙袋を製作するときには、なるべくコストはかけずに、それでいてブランドのこだわりを出したいものです。オリジナル紙袋によく利用されている用紙に、表グラフィック、裏クラフトの用紙があります。この用紙の表と裏を逆に使用することによって裏側にお洒落なグラフィックパターンを見せることによって、お洒落感を出すことができます。表面はそのままではつるつるしたクラフト紙なので、ブランドロゴを型押しすることによって高級感を出すことができます。このようにコストをかけなくても、使い方次第で高級感やお洒落なイメージを作りだすことが可能です。サイトを検索しても色々なアイデアが見つかったり、無料でデザインを請け負ってくれる業者でも多くのアイデアを出してもらえます。

紙袋のサイズ

オリジナル紙袋を作るときに、コストを下げるには袋のサイズは重要です。紙袋は900mm×1200mmのハトロン判と呼ばれるサイズを原紙にしています。横幅とマチの合計を430mmまでに抑えれば1枚の原紙で2枚の袋を作ることができるのでコスト削減に繋がります。大きなオリジナル紙袋を作りたい場合でも、横幅とマチの合計570mmに抑えないと、大きな原紙が必要になるため価格が高くなってしまいます。他のオリジナル紙袋の料金を決める要素には紙質や表面加工、印刷方法、紐の種類や紐の取り付け方がありますので、サンプルを見ながらコスト意識を持って、なるべくイメージに合ったオリジナル紙袋を製作するようにしてください。

業者選びは重要

印刷業者によっては、名刺の制作も行ってくれるところがあり、格安の業者に依頼することでコストダウンが期待できます。しかし、コストダウンができるからといって安易に名刺制作を依頼するのは危険であるため、複数の印刷業者へ見積もりを行なってもらい依頼する業者を決めるとよいでしょう。

安くても個性的な紙袋を

紙袋を持つ女性

店の商品をお客様が持ち帰るための紙袋には、機能性と広告効果の両方が求められます。後者を重視するならフルオーダーのオリジナル紙袋が有利ですが、費用も多くかかります。経費節約のためには規格サイズを選ぶことになります。色やデザインなどの組み合わせを工夫することで、規格サイズでも店の個性を主張できます。

詳しく見る